TOYOTA、プリウスならびにプリウスPHVの安全・安心機能を強化

2020.07.01

「いざという時にも役立てる予防安全・給電機能」をより多くのお客様に提供

プリウスは、1997年、世界初の量産ハイブリッドカーとして誕生し、以来、圧倒的な燃費性能に、エモーショナルなデザイン、運転の楽しさに加え、安全装備をはじめとする様々な先進技術を常に採用し、進化を続けてきました。さらに、プリウスPHVでは、電気利用を拡大し、エコでパワフルな走りをさらに進化させています。

今回の一部改良では、より多くのお客様に安全・安心にお乗りいただけるよう、安全装備や給電機能を強化し、全国のトヨタ車両販売店を通じて、7月1日に発売しました。

具体的には、Toyota Safety Senseの機能向上や、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を全車に標準装備、さらに、運転に不安をお持ちのドライバー向けにプラスサポート(急アクセル時加速抑制)をトヨタ初採用するなど、安全・安心機能を強化しました。

そして、災害時などに役立つ、外部給電機能*1を全車標準装備*2。さらに、プリウスPHVでは、ソーラー充電システムを全グレードにオプション設定しました。当システムは、太陽光で発電した電力を駆動用バッテリーに貯めて給電することが可能です。全グレードに設定することで給電機能を拡大しました。

トヨタ自動車(株)は、プリウスならびにプリウスPHVの一部改良で実施してきたような様々な取り組みを通じて、国連が定めるSDGs(持続可能な開発目標)にも貢献したいと考えています。

また、今回の一部改良にあわせブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、バックカメラ搭載ナビレディセットなど、さらなる安全・安心機能を充実させたプリウス 特別仕様車 S“Safety PlusⅡ”を設定し、同日発売しました。


プリウス A“ツーリングセレクション”(2WD) プリウス A“ツーリングセレクション”(2WD) プリウスPHV A(2WD)プリウスPHV A(2WD)

 

*1 プリウスは、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、コンセント2個(Eグレードは1個)/非常時給電システム付)、プリウスPHVは、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、コンセント2個、ヴィークルパワーコネクター付)として設定

*2 プリウスPHVは、1500Wの外部給電機能が、全車標準装備により、CEV補助金が一律22万円となる

 

SDGs(Sustainable Development Goals : 持続可能な開発目標)
2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標。持続可能な社会を実現するための17個の目標(社会課題)を包括的にまとめたもの

 

今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

すべての人に健康と福祉を産業と技術革新の基盤をつくろう住み続けられるまちづくりをつくる責任・つかう責任気候変動に具体的な対策を

SDGsとトヨタの取り組み:https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

 

詳しくは、トヨタ自動車のニュースリリースをご覧ください。

プリウス 車両情報はこちら:https://toyota.jp/prius/

プリウス 特別仕様車 S“Safety Plus II” 車両情報はこちら:https://toyota.jp/prius/grade/special/

プリウス ウェルキャブ 車両情報はこちら:https://toyota.jp/prius/welcab/

プリウスPHV 車両情報はこちら:https://toyota.jp/priusphv/

プリウスPHV ウェルキャブ 車両情報はこちら:https://toyota.jp/priusphv/welcab/

 

[ 全店共通 ]

営業時間 9:30~18:00休業日イベント開催日