TOYOTA、RAV4にディスプレイオーディオを標準装備

2020.08.07

インテリジェントクリアランスソナーの全車標準化など、安全・安心装備もさらに拡充

TOYOTAは、RAV4を一部改良し、全国のトヨタ車両販売店を通じて、8月7日に発売しました。

Adventure<オプション装着車>
Adventure<オプション装着車>

今回の一部改良では、スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオ(以下、DA)*1を全車に標準装備しました。DCM*2とあわせ、コネクティッドカーとして便利で快適なカーライフを提供します。

DAは、SmartDeviceLinkTM*3対応のスマホアプリ(TCスマホナビや音楽・ラジオのアプリなど)やApple CarPlay*4、Android AutoTM*5のマップ・電話・メッセージ・音楽アプリをDA上で、操作・利用できます。また、運転中もハンズフリー通話や、音声による機能操作で、安心してお使いいただけます。

ディスプレイオーディオ(9インチ)
ディスプレイオーディオ(9インチ)

そのほか、安全機能においては、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を全車に標準装備するとともに、車両を上から見下ろしたような車両全周囲の映像をDAに表示し、後方視界や目視しにくい周囲の安全確認をサポートするパノラミックビューモニターを設定*6するなど、装備を充実しました。

なお、RAV4は2019年度の自動車の安全性能を試験・評価する自動車アセスメントJNCAP*7において高い安全性能が認められ、最高ランクである「予防安全性能評価ASV*8+++」および「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を受賞しました。今回、DAに加えインテリジェントクリアランスソナーの全車標準化といった積極的な装備の拡充を図ることで、『安全・安心』、『快適・便利』なクルマのさらなる普及を目指します。

*1XとHYBRID Xは8インチ、その他グレードは9インチ

*2Data Communication Module(車載通信機)

*3SmartDeviceLinkTMは、SmartDeviceLinkConsortiumの商標、または登録商標。スマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソース

*4Apple CarPlayは、米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標

*5Android AutoTMは、Google LLCの商標

*6G“Z package”、G、HYBRID Gに標準装備。Adventureにオプション

*7国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。現在市販されている自動車の安全性能について衝突安全性能、歩行者保護性能、予防安全性能などを評価し、結果を公表している

*8Advanced Safety Vehicle

 

詳しくは、トヨタ自動車のニュースリリースをご覧ください。

RAV4 車両情報はこちら:https://toyota.jp/rav4/

[ 全店共通 ]

営業時間 9:30~18:00休業日イベント開催日