シエンタに、特別仕様車を設定

2021.06.02

こだわりのブラックアイテムと安全機能を特別装備

TOYOTAは、シエンタを一部改良するとともに、特別仕様車 G“Safety Edition Ⅱ”、FUNBASE G“Safety Edition Ⅱ”を設定し、6月2日に発売しました。

特別仕様車 G“Safety Edition Ⅱ”(ハイブリッド車)
特別仕様車 G“Safety Edition Ⅱ”(ハイブリッド車)

主な改良内容

  • コンライトを全車標準装備に拡大設定

主な特別装備(ベース車 : G、FUNBASE G)

  • 外装には、ブラック加飾を施したアウターミラーやホイールキャップ、内装には、ブラックでまとめたインテリアを特別装備
  • 衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]と後方の映像を表示し車庫入れをサポートするバックカメラを含むナビレディパッケージを特別装備
  • 外板色に、特別設定色グレイッシュブルーを含む5色を設定

価格帯(消費税込み)

シエンタ:1,818,500円~2,580,000円

シエンタ 特別仕様車:2,110,000円~2,517,000円

価格は一部の地域で異なります。上記価格帯にはウェルキャブは含みません。リサイクル料金は別途必要となります

詳しくは、トヨタ自動車のニュースリリースをご覧ください。

・シエンタの情報はこちら:https://toyota.jp/sienta/

・価格・グレード:https://toyota.jp/sienta/grade/

・特別仕様車 G“Safety Edition Ⅱ”/FUNBASE G“Safety Edition Ⅱ”:https://toyota.jp/sienta/grade/special/

[ 全店共通 ]

営業時間 9:30~18:00休業日イベント開催日